へ 春に咲く球根花

カウフマニアナ グループ

科目: Liliaceae

花期 :早生

草丈 :10~20 cm

植える間隔 :7.5 cm

植える場所 :花壇、ボーダー、ロックガーデン

ト ルキスタン地方に原生する小型のチューリップです。ヨーロッパには1877年、オランダのファン・トゥベルゲン社(Van Tubergen)によって伝えられました。花弁は内側がクリーミーホワイト、外側がピンクレッドですが、内側の色が外側の外周にまで広がっています。ま た基部には黄色い斑点があります。原種の生産は今も続けられていますが、その規模は極めて限られています。短い茎と斑点や縞のある葉がこの種の特徴です。

この種からは、花が原種よりも大きく、しかも色のコントラストがとても見事な園芸品種が数種誕生しています。花は太陽の光を受けると大きく開いて、色彩を 一変させ、そのゴージャスな姿を見せてくれます。開花すると花型も一変し、キラキラ光る星のような形になります。これらの早生の小型チューリップはロック ガーデンやコンテナに植えると特に映えます。宿根草化させるのも容易です。

主な品種

  • ファッション スカーレット(Fashion': scarlet) レッド(深紅)
  • ジョセップベルディ* (Giuseppe Verdi) カーマインレッド(洋紅色)、エッジは黄色
  • グルック* (Cluck) カーマインレッド(洋紅色)、エッジは明るい黄色
  • ハーツデライト* (Heart's Delight) カーマインレッド(洋紅色)、エッジはうすいピンク
  • ヨハンシュトラウス* (Johann Strauss) カラントレッド(干しブドウ色)、エッジはうすい黄色
  • スカーレットベビィ (Scarlet Baby) スカーレットレッド(深紅)
  • ショーウインター(Showwinner) カーディナルレッド(深紅)
  • ストレッサ* (Stresa)カラントレッド(干しブドウ色)、黄色

*葉に斑点のある品種

チューリップの他の種と同様、これらの品種を数種類混ぜた(色をミックスした)商品もあります。

このページを共有する:
へ チューリップ