へ 春に咲く球根花
  1. ホーム
  2. > 春咲き球根
  3. > 花の球根のすべて
  4. > 春に咲く球根花
  5. > プシュキニア・スキロデス(プシュキニア・リバノティカの変種)

プシュキニア・スキロデス(プシュキニア・リバノティカの変種)

科目: Liliaceae
別名: プシュキニア・リバノティカ

花色:青みがかった白

花期 :2~4月

草丈 :15 cm

植える深さ :10 cm

植える間隔 :ほぼ6 cm

日当たり条件 一時的日陰

植える場所 :樹木・低木の下、ボーダー、ロックガーデン

コーカサス地方で数多くの植物を採取したプシュキン伯爵(1805年没)にちなんで命名されました。ほとんど生産されていませんが、原生地は西アジア一帯に広く広がっています。

樹木や低木の下に大量の球根を植え付けると、見事な景観を得ることができます。また、芝生に植え付けられることもあります。冬の寒さに強いので、宿根草化 させるのは充分可能です。日当たりや土壌(十分な保水力のあるもの)などの条件に恵まれれば、種で繁殖することもあります。花は明るいポーセレインブルー をしています。原種のほかに純白の花を付ける‘アルバ’という園芸品種があります。

このページを共有する:
へ 春に咲く球根花