へ 春に咲く球根花
  1. ホーム
  2. > 春咲き球根
  3. > 花の球根のすべて
  4. > 春に咲く球根花
  5. > セイヨウカタクリ(エリスロニウム)

セイヨウカタクリ(エリスロニウム)

科目: Liliaceae
英名: Dog’s-tooth violet(犬歯のバイオレット)、Trout Lily(マスユリ)、Adder’s-tongue(毒蛇の舌)

花色: 黄色、白、ピンク

花期 :4~5月

草丈: 30 cm

植える深さ :10 cm

植える間隔 :15 cm

日当たり: 終日日照から一時的日陰まで

植える場所: 樹木・低木の下、水はけのいいロックガーデン、多年草花壇

セイヨウカタクリに属する約16の種のうち、15種以上が北米で自生し、エリスロニウム・デンスカニス(Erhthronium dens-canis)ただ1種が欧州とアジア (日本も含む)で自生しています。セイヨウカタクリはその塊茎の形から英国ではDog’s-tooth violet(犬歯のバイオレット)と呼ばれています。自然界では樹木の多い山地で育つため、栽培は容易ではありません

球根を入手したら、乾燥を防ぐためすぐに植え付けてください。その場合、土壌が養分に富み、保水力が豊かであることがポイントです。植え付けた場所で何年 も生育し、次第に大きくなり、たくさん花を付けるようになります。乾いた夏にマルチングをすると、乾燥を防ぐことができ、大変効果的です。

このページを共有する:
へ 春に咲く球根花