へ 春に咲く球根花

カマシア

科目: Liliaceae
英名: Edible camassia(食用カマシア) and Indian quamash(インド・カマス)

北米大陸西部の山地や大草原にカマシアが自生しており、このあたりがカマシアの原産地と考えられています。しかし、その存在はあまりよく知られておらず、 7ないし8種類あるカマシアのうち一般に栽培されているのは3種類だけです。“Quamash”という名前は北米インディアンの言葉に由来したものです。 また、インディアンはその昔、カマシアの球根を調理して食べていました。外観がごく自然なカマシアは、ボーダーに植えても地被植物の間に植えても宿根草と の相性が抜群です。カマシアは通常、希少種を専門に扱っている園芸会社からしか入手できません。

このページを共有する:
へ 春に咲く球根花