花の球根とは何か?

花の球根は本当は地下倉庫であり、花の工場なのです。

球根の中には、適切な時期に発芽し、開花するために植物が必要なものの全てが入っています。球根を半分に切ってみれば、このことがはっきりと分かります。球根の根元の中央部分は小さな蕾を包んだ葉です。多くの種類において、球根の中にある段階で蕾はすでに花の姿をしているのです!蕾の周りには、「鱗片」として知られる厚い白い層があります。本物の球根では、開花と生長に必要な全ての栄養がこれらの鱗片に含まれているのです。

全ての花の球根が本当の球根ではない

厳密に言うと、多くの人気「球根」の花々は、本物の球根から作られていません。例えばクロッカスとグラジオラスは、実際には球茎であり、人気のあるダリアやベゴニアは塊茎です。主な違いは、その栄養分の蓄え方にあります。球茎では、殆どの養分が小さな鱗片ではなく、大きくなった下部の板状の部分に蓄えられます。 

bulb afbeeldingbulb afbeeldingbulb afbeelding

このページを共有する:
へ 花の球根のすべて