植付け

植付けは4月から始められますが、霜のリスクが無くなるまで待ちましょう。冬の低音が春まで長引く場合は、植付けはしばらく待ちましょう。夏咲きの球根は5月末まで植えることができます。

ステップ1

  • 移植ごてを使って植付け用の穴、または溝を作ります。
  • 夏咲きの球根、球茎、塊茎は、球根の2倍の高さの2倍の深さに植えます。しかしベゴニアとダリアは例外で、地表のすぐ下に植えます。

ステップ 2

  • 土をほぐし、穴や溝の下を押しつけずにほぼ平らに均します。
  • 4インチ(10cm)ほど離して、少ない種類を並べます。この距離が適切な距離です。ダリアからの距離は5インチ(13cm)、ベゴニアは10インチ(25cm)、ユリは12インチ(30cm)、そしてダリアは16インチ(41cm)です。
  • 球根の尖っている部分を上に向けて、やさしく穴に入れます。

ステップ 3

  • 球根を土で覆います。
  • 夏咲き球根を植えたらすぐに、早く根が出るようにしっかりと水をやります。乾燥した春の間は、庭の土壌は水分を含ませておきます。
このページを共有する:
へ 花の球根のすべて

ステップ1

移植ごてを使って植付け用の穴、または溝を作ります。

ステップ2

土をほぐし、穴や溝の下を押しつけずにほぼ平らに均します。

ステップ3

球根を土で覆います。