どうやって植える?

春咲き球根を植える

動かしようの無い事実ですが、チューリップやラッパスイセン、ヒヤシンス、クロッカス等の美しい春咲き球根の花を楽しむためには、秋のうちに球根を植えなければなりません。秋のうちに植えなければならないのは悪いニュースですが、良いニュースは、球根の花は何よりも簡単に育ち、色鮮やかにその作業に報いてくれるということです。全く技術を持たない園芸家でも、球根を使って息をのむような美しい春の庭を創り出すことができます。春咲き球根は、根の発達の促進に低温の「休眠」期間の維持を必要とするため、秋に植えなければなりません。唯一のルールは、春咲き球根は初霜の降りる前に植えなければならないということです。球根を持ち帰ったら、なるべく早く植えるのが一番です。もし保管しなければならない場合は、球根を10~15℃の間の乾燥した涼しい場所で保管します。

魅力的な選択肢

チューリップとラッパスイセンに加えて、もっとエキゾチックなオランダの花の球根を植えてみたくなるでしょう。例えば、春咲きのシラーやプスキニア、ムスカリ、フリチラリア、アリウム、カマシアやエレムルスなどです。春咲き球根には幅広い色彩、高さ、そして開花時期があります。想像力を働かせてください!簡単に育つ球根は、あなたを庭のデザインに集中させてくれます。庭を計画するのに本当に必要な知識は、全てパッケージに記載されていたり、小売店で手に入ります。あなたが知っておく必要があるのは、花の色、花の咲く月、その高さ、植える月、そして植える深さです。

プロの植え方のコツ

オランダの春咲き球根の花は全体的あるいは部分的に陽のあたる場所でしっかりと育ちますが、水はけのよい場所であればだいたいどのような場所でも問題なく育ちます。球根は溜まった水の中では腐ってしまうので、斜面の下や樋の下など、水が溢れやすい場所は避けましょう。

植える場所を選んだら、

1,2,3と数えるぐらい簡単です。この単純なガイドラインに従えば、あなたの色鮮やかな庭がきっと近所の嫉妬の的となるでしょう。要約すると、基本的には、花の球根を買って、土の中に植えて、あなたを待つ美しい春を思い描いて冬の間を過ごすだけです。

このページを共有する:
へ 花の球根のすべて

ステップ1

球根を植える穴を掘ります。穴には一球ずつ植えても、球根を少しずつまとめて植えても良いです。

ステップ2

穴の周囲の雑草や小石は取り除きます。 球根の尖っている部分を上に向けて、やさしく穴に入れます。 大きな球根の場合は7~20cm程度離して、小さい球根の場合は3~7cm程度の間隔を空けて植えます。

ステップ 3

球根を土で覆います。土が乾燥している場合は水をやります。