へ 夏に咲く球根花

トリトニア

科目: Iridaceae

原産地: 南アフリカ

花色: 多種あるが、主に赤やオレンジ

花期: 6~8月

草丈: 30cm

植える深さ: 5cm

植える間隔: 8~10cm

タイプ: 球根

植付け時期: 春

日当たり: 日光を好む

植える場所: ボーダー、花壇、鉢 切り花にも適している。

トリトニアは霜が降りない、日当たりの良い暖かい場所でよく育ちます。霜が降りる場所では寒くなる前に根囲いするか、掘り起こしてください。球根が腐りやすいので、水のやりすぎに注意してください。

おもな品種

多くの品種がありますが、全て南アフリカが原産です。

  • トリトニア・バッケリ(Tritonia bakeri):幅が狭く長い3枚の葉がつきます。花茎は1本(枝分かれすることもある)で25cmほどに育ち、それぞれの枝に20個ほど花をつけます。こげ茶色の縞の入ったクリーム色の花色で、おしべが紫色です。野生では9月から11月に咲きます。
  • トリトニア・クロカタ(Tritonia crocata):この品種は海抜4000フィートに生育しているものが発見され、1758年に紹介されました。10~15cmが平均的な草丈ですが、30~38cmまでに育つものもあります。花色は通常、イエローオレンジです。
  • トリトニア・ディスティッカ(Tritonia disticah ssp rubrolucens):1本の茎に10個ほど赤い花をつけます。
  • トリトニア・ヒアリナ(Tritonia hyalina)
  • トリトニア・ラキシフォリア(Tritonia laxifolia)
  • トリトニア・リネアータ(Tritonia lineata)
  • トリトニア・スクアリダ(Tritonia squalida)
  • トリトニア・アウレア(Tritonia aurea)
  • トリトニア・ブラクテアタ(Tritonia bracteata)
このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花