へ 夏に咲く球根花

サウロマタム

科目: Araceae

原産地: スーダンからマラウィやザンビアのアフリカ熱帯地域

花色: イエローオレンジの色に紫から赤の模様がはいる

花期: 晩春から初夏にかけて

草丈: 45cm

植える深さ: 8~10cm

植える間隔: 15~20cm

タイプ: 直径15cmほどの大きな丸い魂茎

日当たり: 直射日光以外の日当たりの良い場所

植付け方法: 日当たりの良いラウンジや熱帯気候の庭、屋内で育てるのもおすすめです。珍しい品種といえます。

植付けのアドバイス:

湿度の高い熱帯性気候がこの植物に適しています。浅い鉢と水があればどこでも育ちます。熱帯性の庭では栄養がよく水はけの良い土壌に植えてください。葉が枯れるまで湿度を保ってください。

おもな品種

T4,5種類ほどしかありませんが、サウロマタム・ベノーサム(Sauromatum venosum)が良く知られています。原種も良く知られており、1815年に紹介されました。

このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花