へ 夏に咲く球根花

ラナンキュラス

科目: Ranunculaceae
別名: ペルシャのキンポウゲ

原産地: 小アジア

花色: 白、黄色、ピンク、オレンジ、赤、服飾(ミックス)

花期: 6月 - 8月

草丈: 30 - 60 cm

植える深さ: 2 - 5 cm

植える間隔: 8 cm

タイプ: 球茎 太い根が鉤爪のような形になっている

日当たり: 日光を好む

植える場所: 花壇 切花用として庭にも植えられる

それぞれの茎には数個の花がつきます。葉は夏の間に枯れてしまいます。球根を植える前に球茎を1時間ほど、水に浸けておくか、植えた後にたっぷりと水をやりましょう。

おもな品種

ほとんどの交配種はラナンキュラス アシアティカスとの交配です。カリフォルニアの交配種テコロテ(Tecolote)、ピオニー咲きはもっとも人気のある品種です。 イスラエルやフランスには他のピオニー咲きの品種があります。

このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花