へ 夏に咲く球根花

リアトリス

科目: Compositeae
英名: Liatris(リアトリス)、Blazing star(輝く星)、Gayfeather(ゲイフェザー)

原産地: 北中米

花色: 紫、白

花期 :7月~8月

草丈: 75 cm

植える深さ :2~3 cm

植える間隔 :15~20 cm

タイプ: 球茎状の根

日当たり: 良好な日当たり(特に午前の日照)

植える場所: ボーダーに好適 花壇、宿根草ガーデンにも向く
穂状花序を形成し、小花は上から先に咲きます。庭用植物としてよりも花屋で扱われている切り花として知られています。葉はグリーンで、針状をしています。湿り気を好みますが、排水の良い土が適しています。Principal

おもな品種

紫の花を付けるリアトリス・スピカタ(Liatris spicata)を筆頭におよそ25種ほどある。白い花を付けるリアトリス・ピュクノスタキュヤ‘アルバ’(Liatris pycnostachya) 'Alba’も重要。

このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花