へ 夏に咲く球根花

コメリナ

科目: Commelinaceae
和名:ツユクサ

原産地: メキシコ(もっともよく知られている3品種)

花色: ほとんどは青, 時に黄色やまれに白

花期: 花は数日間しか開花しませんが、一斉に咲いてしまうことはありませんので、少なくとも2週間程度は花を楽しむことが出来ます。Average plant height: 50 cm.

植える深さ: 5 - 8 cm.

植える間隔: 15 - 25 cm.

球根の種類: 球茎 Knol en bol corn and bulb

日当たり: 日当たりを好みますが、暑い気候では日中のもっとも暑い時間は日陰のほうがよいでしょう。

植える場所: 花壇、ロックガーデン、プランター、鉢

1700年頃の二人のオランダ人植物学者ヨハン、カスパーコメリンに因んで名づけられました。約100の栽培変種が知られており、世界中に広がりました。これらのすべてが球根状ではなく数種の変種は根茎です。

おもなひ

  • コメリナ コエレスティス: 原産地はメキシコで1700年頃に紹介されました。。50cmほどの高さに成長し、葉は長く幅5cm、長さ15から20cmほどで柳の葉のような形をしています。花は青色で夏の早い時期に咲きます。
  • コメリナ ディアンシフォリア: 花期はコエレスティスより遅く、7月から8月にかけて開花します。個々の青色の花は数日間しか開花しませんが、全部の花が一斉に開花するわけではありませんので、全体としては2週間ほど花を楽しむことが出来ます。
  • コメリナ チューベローザ: 1732年井紹介されました。花期は6月、7月で、7月には美しい空色の花が咲きます。 38 から45 cmの高さになります。
このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花