へ 夏に咲く球根花

カンナ

科目: Cannaceae
別名:インディアンショットプラント、インディアンリードフラワー

原産国: 南、中央アメリカ

花色: white, orange, yellow, pink, red, bicolor.

花期: 7月-10月

草丈: 80 -200 cm

植える深さ: 頭部が覆土する程度

植える間隔: 30 cm

タイプ: 根茎

日当たり: 充分な日照が必要(午前を通しての日照)

植える場所: コンテナ、花壇、ボーダー

春植えの球根植物ですが、ある程度の耐寒性があります。鉢やコンテナで楽しめるほか、夏の重要な庭用植物として近年人気が再び高まっています。ここではカ ンナを葉が褐色の高性種、葉がグリーンの高性種、葉が褐色の矮性種、葉がグリーンの矮性種、の4つのグループに分類します。花は花径が大きいもので 12.5 cmほどあり、葉は装飾的な印象を与えます。枯れた花を摘んでやると開花期間が長くなります。

気候が温暖な地域では、宿根草として毎年花を楽しむことができます。越冬できない地方では、冬季は球根を砂やピートに入れて保管しておきます。

おもな品種

葉がグリーンの品種

シティオブポートランド ピンク

リチャードワラス 黄色

ローズモンドコールス 赤、端は黄色

プレジデント 明るい赤

葉がグリーンの矮性種(50~80 cm)オーチャード ピンク

ルシファー 赤

プリムローズイエロー 黄色

葉が褐色の品種ロワアンベール[Roi Humbert] オレンジと赤

ワイオミング オレンジ

ブラックナイト 赤

葉が褐色の矮性種インゲボーグ[Ingeborg] サーモンピン

このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花