へ 夏に咲く球根花

アガパンサス

科目: Liliaceae
英名: African lily(アフリカのユリ)

原産地: 南アフリカ

花色: 様々な濃度のブルーと白

花卉: 7月-8月

草丈: 100 cm まで

植える深さ: 球根の頭がかぶるくらい

植える間隔: 20 cm

タイプ: 根茎

日当たり: 十分な日光が必要 (午前中)

植える場所: 花壇、ボーダー、コンテナ(鉢)

ボーダーに使われることもありますが、主な用途は鉢植えです。冬の間、鉢やコンテナは室内に移し、温室植物として栽培します。

アガパンサスは次の2つに分類できます

Agapanthus are divided into two groups

1 冬季はコンテナ植物として室内で栽培できる常緑グループ(‘ドナウ’などのインターミーディアス・タイプ )

2 冬の前に枯れてしまうが、冬季は気温の低い場所で保管できる落葉グループ(‘トライアンファーター’など)

主な品種

  • ブルートライアンファーター (Blue Triumphator) ブルー
  • ドナウ (Donau) 明るいブルー
  • アルバス (Albus) 白
  • コバルト(Kobalt) (小輪種、丈は30~50 cm)ブルー
  • インターミーディアス (Intermedius) 深いブルー
このページを共有する:
へ 夏に咲く球根花